その件は、未だ迷宮入りです。

ただのひよっこのランログです。

2018大阪マラソンの振り返り。

風邪も筋肉痛も仕事の忙しさもひと段落ついた。若干、咳が残っているのみ。大阪マラソンの振り返りをずっと下書きであっためながら、もっとサクッと書いて、サクッと投稿しておけばよかったと後悔。特に個人的なメモなので、目新しいことはありません。

3回目のフルマラソンは、今までの中で一番辛かった。終わった後の筋肉痛を含めて。後半は思ったように足が動かなかった。同僚を怪我なく時間内にゴールまで届けなければいけない、と謎の使命感もたぶんプレッシャーになってたんだと思う。
でも、人と一緒に走るのは、一人で黙々と走っている時とは向いている方向が違うので、それはそれでとても楽しい。感情は共有すると倍以上に膨らむので、このお祭りはこれでもかってほどハイテンションになった。相手のペースを把握しながら、前に進んでいくのは嫌いではない。仕事みたいで。笑。

スタートまで

一番最後のPブロックから出発。スタート地点まで30分ほどかかる。号砲がなっても全然列が動かない。3万人ってすごいね。お祭り感が半端ない。ウェーブスタートにしたらよいのにね。
この日の目標はネットタイムの5時間半。同僚は6時間のつもりだったと思うけど。笑。いつもの練習ペースの7分半/kmで平均的に走ればいけるだろうと軽い想定。

10kmまで

走り始めたらやはり嬉しくてペースが上がってしまう。
序盤は6分後半〜7分/km。絶対あとでバテるな、と思いながらもこんなテンション高く楽しく走れている時に水を差すのもな、と思いそのままのペースで。
見知った大阪の道路を走るのってものすごく新鮮。沿道にはこれでもかってほど個性豊かな応援の人たちがいる。
前日まであんなに絶望感があったのに、体調を崩していたことなんてすっかり忘れてしまっていた。ただただ楽しい。
大阪城公園から南に下って、日本橋を経由して、御堂筋を北上していく。御堂筋を走れるのは大阪マラソンの醍醐味だと思う。

20kmまで

左足首に若干の違和感。あー、痛くなってきそうだなって感じ。
10kmを過ぎた片町の折り返し付近で、知った顔の応援が待ち受ける。恥ずかしいようなくすぐったさ。わざわざ来なくて良いよと言ってたのに、全力で応援してくれて、それが本当にありがたくて。確実に力になった。
ペースは7分/kmを維持。中之島を通り、御堂筋を南下。そして京セラドーム付近で折り返し。ミニオンの着ぐるみの人たちがサービス精神旺盛に沿道の声援に応えている。すごい体力だと感心する。

30kmまで

難波まで戻って南下。通天閣の近くで折り返し、大阪のディープゾーンへ突入。御堂筋沿いのカラフルな応援とは一変し、落ち着いた色合いの沿道に。笑。
10kmごとにメダリストを補給していたが、どんどんとお腹がすいてくる。そして同僚のペースがガクンと落ちる。7分半〜8分/km。私も25km過ぎから腰の痛みと筋肉痛が始まる。8分/kmはあまり走らないペースなので走り方がわからなくなっていた。
30km地点では、ラン仲間がエアサロとみかんをもって万全の応援体制。エアサロ、助かる。気分が全然違う。
左足首はだましだまし。激痛が走るわけではないが嫌な感じが続く。

40kmまで

これ以上ペースが落ちないように、心が折れないように同僚に声をかける。でも決して歩こうとはしない彼女に、私は絶対ネットタイムで5時間半は死守してやると心に決める。
大阪マラソン名物まいどエイドが33km地点であらわれる。ほぼ食べ物は残ってなかったけど、アイスパインとドライフルーツをもらう。エイドは固まってなくてばらけて欲しいな、というのが正直なところ。走る気力的に。
玉出北加賀屋住之江公園の前を通って、38kmくらいで魔の南港大橋へ(急な登り)。ここらへん、ほんまに辛かった。応援はド派手なカラフルな人たちが戻ってくるんだけれど、とにかく足が痛過ぎて。少しずつでも前に進むのが精一杯。

そして、ゴール

6時間のペースランナーの前後をうろうろする。スタートまで30分かかっているからちょうど5時間半くらいになるなと目安にする。ゴール前の熱気がすごい。すこし泣きそうだった。様々な声援に両手で答える。上半身の体力はまだまだ残っているのに足が思うようについてこない。
しかし、5時間26分30秒(ネット)で無事にゴール。前日の絶望感があるので喜びはひとしお。しなずにゴールできて良かった。同僚も無事で、一緒にゴールできて良かった。

その後、応援に来ていただいていた友人と合流し、ビール。
遠征の時は帰れなかったら困るので直後のビールは我慢していたので、直後のビールは初めて。大塚製薬ばりにしみたなー。

(余談)
応援に来てくれた方たちが、写真や動画を送ってくれるんだけど、どれもこれも自分の姿が不細工すぎて嫌になる。走っている姿も不細工。もっと色んな意味でスマートに振る舞いたい。笑顔がただ楽しそうなだけで、みてられない。嫌だ、本当に嫌だ。

長々とかいてしまいましたが、何が言いたいかっていうと、応援は本当に力になります。ありがとうございました!!ってことです。