その件は、未だ迷宮入りです。

ただのひよっこのランログです。

息苦しさが半端ないので美味いものの話をする

そうか、走ってると書くだけで、自粛が、配慮が、ソーシャルディスタンスが、不要不急が、って言われちゃうのか。息苦しいね。仕方がないのかもしれないけどね。外をひとりで走ってたら、正直誰とも密な関係にはならんよ。てか、そんな人がおるところなんて、走らないしね。(でも次からは口元を覆うことを考えるか。飛沫云々よりも、不快感を与えないという目的で)
あ、タイトルの息苦しさは私の呼吸のことだと思われる?走ってなんかおらず、家にこもって経過観察しろよ、感染してるかもしれないだろ!?って思われる。違うよ。圧迫感があって息が詰まるような感じである。という意味合いだよ。…。


さて、美味しいものの話をしよう。
春は春の食べ物がスーパーに溢れ出すのがとても楽しい。たけのこに菜の花、えんどう豆に、春キャベツに新玉ねぎに新じゃが。最近は野菜の値段が高騰しているような気がしないでもないけれど、この季節でしか出会わないもの(いや、今は年中みるんだけど)を片っ端から食したい欲に駆られます。

最近食べて一番しやわせを感じたのが、これ。

ラムチョップです。はい、春野菜は全く関係ないです。見切り品になってたので、思わず買ってしまいました。私、ラムチョップは肉の中でも上位に食い込むのです。骨付きの肉が好きなのかもしれません。しかし、おうちで調理したことはなかったので、どうしたもんかと思案(検索)した結果…。
塩、黒胡椒、ニンニクを両面に擦り込み、クミンシードをまぶす。中火で3分。裏返して、弱火で3分。不安なので、アルミホイルに包んで余熱で少しだけ中まで火を通す。→結果、最高。
ラムとクミンシードが最高にあう。もっとしっかりクミンシードをまぶしてもよかった気がする。鉄のフライパン(育て中)というのも火がうまく通ってよかったのかもしれない。
2日に1度くらいこのことを思い出して、よだれがでてきます。

おうちスパイスカレーも貼っておきます。
くず鶏肉(鶏ガラスープを思い立ってとったあとの骨についていた鶏肉)とほうれん草のカレーをメインに、クミン豆腐(豆腐にめかぶとクミンパウダーをかけただけ)に最強飯ともろもろ。タンパク質摂取カレー。

鮭と納豆と小松菜の自己主張の強すぎるカレーとくず鶏肉カレー(残り)のあいがけ。納豆カレーはこのあと2日目に食べたほうが味が馴染んでとても美味しかった。何入れてもカレーは包み込んで受け入れてくれますね。
昔、水泳にハマった時も、水っておおらかに私を受け止めてくれるなぁ、と思ったことを思い出します。

攻撃的にならないで、美味しいものでも想像して、まあゆるゆるやりましょうや。


お題「#おうち時間