その件は、未だ迷宮入りです。

ただのひよっこのランログです。

気持ちだけが前のめりで、そのあとが全然ついてこない。

先週末の金曜に予定していた9月の大阪城公園ナイトランを酷い頭痛で回避しました。初めてのDNSです。DNSと言ったのも初めてです。笑。

とても悔しい。
あんなに耐えられなかったのは久しぶり。その頭痛が嘘のように去った今は、サボってしまったことにとても罪悪感を感じている。自分に完全に負けてしまった。そのことがこんなに許せなくて悲しいとは思わなんだ。きっと、どれもこれもPMSのせいだ。もしかすると頭痛もそのはじまりだったのかもしれない。


そして、日曜日、尼崎の陸上競技場で100mのかけっこをしてきた。
ちゃんとした陸上競技場で走るなんて初めて。小さい頃から運動ができなさすぎて、どうやったら徒競走で恥をかかないかを考えた結果、足に包帯を巻いて出場して同情を誘うという結論に至って実行したこの私が、お金を払ってかけっこをするなんて!あの頃の自分に教えてあげたい。
夏が舞い戻ってきた炎天下の中、とても貴重な100mでした。

コースに立つと、スタート前にコースごとに場内放送で名前を呼ばれることに鳥肌が立つ。クラウチングスタートなんてできるはずもなく、私のスタートはまさに「かけっこ」仕様。
走っても走っても全然スピードが乗らない。気持ちは前へ前へ行くのに身体がついていかないもどかしさ。地面を蹴っている力が、たぶん無駄にどこかに流れている。次の足を出すまで余裕すら感じられるふわふわ感。まったくもっておもうようにいかない。おもうようにいかないのはこれだけじゃない。仕事も普段の生活も実家のなんやかんやも、いまひとつおもうようにいかない。想いが熱ければ熱いほど自分の行動がすべて空回りなような気がして、次第に感覚が鈍くなってきているな、などと考えてる間に心臓が悲鳴をあげる間も無く終了。どこまでが100mか正直よくわからなかった。しんどかったけど、全くもって物足りない。やった感が一つもない。短距離、むっちゃ難しい。

無残な結果が、これ。100m短い。あるかどうかわからん私のええとこ出る間もなくすぐ終わってしまった。

この直前、ウォーミングアップと称して、30度を越す中、テンションを上げすぎて数キロ走った時点で既にバテてたことは秘密だ。
そして1日経った今日、無駄に前腿が筋肉痛である。
短距離の走り方、全然わからんなぁ。長距離がわかるかっていうと全然わからんのだけど、私みたいに今まで運動とは縁のない人でも楽しめるのが長距離だったりするのかもしれない、と思ったりした。とくにオチはない。


最後に、大阪城北詰のAKASHAのカレーを貼っておく。濃厚で旨味がすごい。米の量多いのにペロリと食べちゃう。ここも定期的に通ってしまう。大好き。