その件は、未だ迷宮入りです。

ただのひよっこのランログです。

雨の日ランとクラフトビールホリディ。

軽い気持ちで申し込んでいた東京マラソン京都マラソンも落選通知がきました。あれもこれも走っている方は本当に強運の持ち主なんですね。来年の予定がひとつも決まらず、どうしたもんかと思案しています。せっかくマラソンシーズンに入ってるのに、無駄にしたくないのです。

まあ、私の直近は仙台。そうして、来月末の大阪マラソン
今はこのことだけ考えることにします。その仙台は来週に迫ってきているんですが、どうにもこうにもすっきりとは不安が解消されないです。
あまりまめな練習もできず、走る時はどうしても無駄に距離だけが伸びてしまいます。

連休初日、曇り予想だったので、朝ラン。5km地点で友人と合流予定…としていたが、走り始めると雨が降り始め、3km地点で豪雨。本番の悪天候もありえるから、それの練習も兼ねて…と止まらずに走っていたんだけど、次第にツラくなってくる。ナイロンパンツが太ももにまとわりつく。サンバイザーなので髪の毛がお風呂上がりみたいぐっしょり濡れる。顔と眼鏡に水滴がついて視界が急激に悪くなる。あと、通行人に哀れんだ視線を送られる。とはいえ、雨ランは非日常感がプラスされわりと楽しかった。
しかし、どんどんと視界が白くなってきたので、雨宿り。止む気配なし。目の前をベテランランナーさんが爽快に駆け抜けていくのを見送りながら、私はまだまだ精神的にもひよっこだと思い知らされるなどする。(でもここで風邪を引くことは本末転倒なので、雨宿りは適切な判断だと思ってる)

15分ほど雨雲を見送る。雨雲レーダーでその後は晴れてくることを確認し(家を出る時にチェックしておけばよかった)、再出発。小雨は快適。さっきの雨と比べれば、涼しくて気持ち良い感じ。友人と合流した後は、気温がぐんぐんあがり、まるで夏が戻ってきたかのよう。中之島から福島の川沿い、大阪城公園を1時間ばかしゆるランして、お別れし、また元来た道を引き返す。
引き返す5kmはスピードを上げながら。といっても、気持ちの上でしかスピードを上げられてないんだけれど。

2018/10/6 runlog
【時間】2:23'09
【距離】22.03km
【平均ペース】6'30/km

フルの1週間まえにこの距離は正直走りすぎたかなとも思っているが、走り終えたあとはまだまだ足に余裕があったので、少しだけ落ち着いた。
あと本番までは、完全に休めないで、疲労を抜いていかないとですな。

その翌日(本日)。
大阪城公園クラフトビールホリディでたらふくクラフトビールを飲んでしまった。ほどほどにしようと思ってたのに。1杯飲んじゃうと制御不能になる。
京都醸造のがどれもこれも美味しかった。これは要チェックだ。