その件は、未だ迷宮入りです。

ただのひよっこのランログです。

この冬は、いざ奈良へ。

疲労疲労を呼び、それでも無理をしてしまい実家でのお盆な重労働を終えた途端、なんらかの菌に負けて扁桃腺とリンパ節が腫れました。
久々に食べ物が喉を通らない痛みに苦しみましたが、プロの薬(ちゃんとプロに処方してもらった薬)で一晩で劇的に回復しました。痛くないって、素晴らしい。


と言っていると、奈良マラソンの抽選結果がきました。

当選です!やっとこの冬のフルの予定が決まりました。扁桃腺腫らしている場合じゃない!!ランログも復活しなければ。です。
(とにもかくにも、仕事が落ち着いて欲しいですね)

【結果】大阪城公園ナイトラン2019年8月

連日、熱帯夜ですね。もちろんナイトランのこの日も例外なく。
仕事帰りに見送ってくれた同僚たちには今から走るなんて正気か、という眼差しを向けられました。気持ちはわかります。私が見送る側ならそんな目を向けます。会場に着いてみると大盛況。酔狂な人たちは一定数いるようです。とても愛おしく思えました。

更衣室からすでに汗だくでした。とりあえずしなない、人に迷惑をかけないことを目標に走りましたよ。
はい結果。

無事生還です。タイムとか正直どうでもよかったです。笑。ただただしんどかったー。心折れなく走りきった自分に拍手。足のつりと、脱水症状を心配していたので、ものすごく守りの走りでした。

前回同様、2.5k×4周。1週目は60分目標くらいの集団になんとかついていったんだけど、2週目以降は暑さでどんどんと身体に力が入らなくなって、それに正直に応えてしまう私。でもあのお堀横の急な坂は(メインイベントだと思っているので)全力を尽くせました。絶対歩かない、登り坂はむしろスピードを上げる…という謎の自分ルールを実行できました。もうこれだけでも満足。(ここはすごい楽しかった!)

前回のように足が上がらなくなる、ということはなく、ただスタミナが追いついていない結果となりました。汗がただただ流れ出て給水が追いつかない。3周目からの給水所では両手に紙コップという欲張り仕様。水分が途切れるのが一番怖かったんですよね。途中で何人も倒れて看護されているひとを横目にみて走ってたので余計に。たぶん、アクエリアスを1リットルは飲んでると思います。それでも全然満たされた感じはなかったのは正直なことろです。

ラスト500mで最後の力を込めました。意外と足は残っていてぐんぐんスピードをあげられました。(結果のログにはそれほど出ていないけど)ということは、暑さを言い訳にせず途中の気持ちをもっと強く持てていれば、もっと速いペースを維持できていたような気がします。あとではなんとでも言えますけどね。笑。
9月も暑いんだろな。

【2019年8月2日(金) runlog(大阪城公園ナイトラン2019年8月)】


せっかくなので、この前食べた冷たいボルシチの写真を貼っておきます。
みなさま、まだまだ暑いですがご無理なさらぬように!

頑張っていない。

あけましたね、梅雨。
仕事が飽和状態で「なんか知らんけどやらなあかんこといっぱいある」という気持ちだけが先行していて、先にお腹いっぱいになってしまってなかなか効率が上がらない…という自体に陥っています。人は減るけど、やれるべき時間は増えたりはしないし、仕事は減るどころか増えていく、と言った具合でしょうか。

最近の私は、ゆるゆるランで簡単に足がつりそうな仕様になっています。スネからのふくらはぎです。バグでしょうか。なかなか改修されないのが気がかりなところです。
次回は来週末のナイトランリベンジです。前回よりも満足できる走りができればそれで良いかと思ってます。


ランログをまとめて書くのもあれなので(ここらへん、すごいモチベーションさがってるのがはっきりとみてとれる)、カレーログでも。



コロンビア8 のプロントコラボの大阪スパイスカレーパスタ。
ランチ限定、9月頃までぽいです。コロンビア8 でした。追加で半熟卵ご飯がつけれます。(もちろん有料)麺とご飯!?と思うかもですが、ご飯は必須です。もうパスタいらんからご飯をメインに食べたいくらいです。



中崎町のバビルの塔。
3種あいがけにしたんだけど、そのうち2種がキーマでとてもにくにくしかったです。でもお出汁の味が素晴らしいかったです。
夜行くと毛沢東スペアリブがあります。孤独のグルメでゴローさんがどっかでたべてたやつです。これむちゃくちゃスパイスが効いててうまいです。



お出汁といえば、お出汁とスパイス 元祖エレクトロニカレー。
ここのお出汁感最高だった。お出汁なのにカレー。なに言ってるかわかんないと思うけど、お出汁なのにカレーなのよ。

ここ最近、カレーってなによ!どういう定義よ!とよくわかんなくなってきているんだけど、これはなんなのか?と聞かれれば、迷わずカレーです、って答えてしまうものばかりに出会います。今度そぼろご飯とキーマカレーの境目を研究してみようと思っています。



あ、そうそう、9月に100mを全力で走ってこようと思います。絶対遅い自信がありますが、うまくいけば小さい頃の運動音痴の嫌な記憶を楽しいに上書きできるかもしれません。

周りを誘っても苦い顔をされるので、ここに書き捨てておきます。全国で順位でるそうですよ!
全国統一かけっこチャレンジ

【結果】大阪城公園ナイトラン2019年7月

さてはて、7月。すっかり夏。
夏の大阪城公園といえばナイトラン。

平成燃え尽き症候群ぽいだらだらを引きずりながら、やる気も戻らないまま当日を迎えました。今年度の秋冬のフルの抽選がことごとく外れているのも、自分を奮い立たせられない理由の一つ。
まあ、無理せずぼちぼちやる。

そう、ナイトラン。この日は熱帯夜でもなく、時折涼しいかぜが吹いてくるとてもいいコンディション。しかし、結果は…。

はい。撃沈でございました。1時間きれなかったです。今回のコースは坂がどーんと立ちはだかりました。しかも4周。大阪城公園には天守閣のお堀沿いに急な坂があるのです。そこを下り、折り返して登ってくるコース。
正直坂は嫌いじゃないのですが、練習不足には辛過ぎる試練でした。2周目まではなんとかなったんだけど、3周目以降は足が上がらない。それでも持ち前の根性で前へと進む。しかし、残り500mあたりで両足のふくらはぎが静かに痙攣しはじめる。いつもは最後にラストスパートをかけられるのに、今回は残体力はすっかり枯渇してしまっており、前へ進むのがやっと。完全に足がつってしまいそうなのを(それも両足!)スピードをおとしてごまかしながら、なんとかゴール。この日の私にはこの2分を縮めることは無理な話でございました。怪我なく完走できただけでもよし(とする)。

走ったあとにこんな状態になったことは何回かあるけど、走ってる途中につりそうになるのは初めて。怖かった。顔を触ると塩まみれになっていたので、軽い脱水症状だったのかもしれない。給水は十分にしていたんだけどな。
あと、仕事終わりに参加して、貰ったバナナしか食べていなかったのが足の上がらない原因になったような気もする。いつもはジェル的なやつで、絶対エネルギー補給するんだけど、今回はそれさえも忘れていた。
なんしか、反省だらけです。悔しいので、絶対リベンジします。
(ナイトランは10月まで毎月ある)

【2019年7月5日(金) runlog(大阪城公園ナイトラン2019年7月)】


気持ちを奮い立たせて、10月の和歌山のジャズマラソン(ハーフ)にエントリーしました。実家からははなれているけど、都道府県レベルの地元です。ここも坂があるとかないとか。

リハビリのために何か書く。

平成に燃え尽きてしまったのか、なんもやる気のでない今日このごろ。走るペースも週1レベルになってしまい、左膝の地味な痛みが払拭されないでいます。(たぶんこの痛みに負けてる)

ランログ下書きは残ってるけど、もういまさら…という内容。こういうのも、用意はしていたのにな。

最近は頂き物のホームベーカリーで、パンばかり焼いています。本当はブランパンを自分で焼こうとしたはずなのに、食パンやフォカッチャや固いパンにオリーブやらアンチョビやらハーブやら無花果やらいれて、満足のいくパンを追求し始めました。糖質オフどころか、糖質オン生活です。

来週は大阪城公園ナイトランがあるので、そこまでなんとか調子を戻します。下半身の筋肉だけは衰えさせないよう筋トレだけはやってます。美尻には、程遠いですが。

美尻に憧れる。

年末感がすごいですね。
平成のうちにどうしてもやっておきたかったことを、今から駆け込み処理してきます。笑。

ランの方はというと、左膝の違和感が拭い去れなく、トレッドミルとエアロバイクで様子見しています。たぶん1月に足首を軽く捻ったころからバランスが崩れたような気がします。4月の走行距離は50kばかしです。
筋肉が落ちていくのがいやなので、負担のかからない筋トレをメインで続行です。テレビでみた美尻トレーナーのお尻が美しすぎて、大臀筋のトレーニングに力を入れています。ハムストとここの筋肉を使うのは、私は苦手なようです。お尻をつかえたら、もっと楽に走れるような気がします。体重は1kだけ落ちました。食事は玄米と高タンパクを意識はしています。筋肉量が増えているかどうかは微妙です。美味しいものは食べたいので、誰かとご飯を食べる時は我慢しません。そういう主義なので、あまり痩せません。

平成最後のカレーを貼っておきます。水曜日しかやってないけど、オルタナのカレーは最高です。最高に好みです。この日は、一緒に食べた友人の嬉しい報告も聞けました。

来月は、トレッドミルばかりじゃなくもっと積極的に外を走ります。体幹が弱いので、ゆっくりと長い距離を走ったほうが良いような気がしてきました。ジム(24時間型マシンジム )に通ってると、運動するのはジムに行かないと損をしている気がするんですよね。貧乏性の私の悪いところです。

さて、明日からも頑張りますか。

お花見ランとか。

四月明け。新元号も決定したようですが、年度末の残務作業が終わらないうちに、これまた次から次へと襲いかかり…。毎日禿げそうな新年度の初めでございます。胃の痛さがずっと残ったままです。
あまりのイライラに連日飲んでしまい、そのため体力もろくに回復せず、体重も減らず、猛反省しかしていません。せめてもの罪滅ぼしに、仕事終わりに大阪城公園で花見ランと洒落込みました。いつのまにか、ええ感じに桜が咲いている季節になっていたようです。

気がつくと、ご機嫌に飲んでいるひとたちの横を全力で駆け抜けていました。
【2019年4月4日(木) runlog】

外を走るのは、トレッドミルでは味わえない爽快感。自分のスピードの感覚がランウォッチの表示とあっていて嬉し限り。5'40がやはり限界だなぁ。あと、10秒平均で縮められれば、そう思いながら走ると。不思議と苦しさはなかったなぁ。

この日は新しくおろしたシューズを慣らそう…と思ってたのをすっかり忘れていたので、ちょっとだけ足にダメージを残してしまいました。翌日、左足首の甲に少し違和感。嫌な感じ。
今回はホールド感の強いシューズなので、無意識に親指に力が入ってたんだと思う。たぶん。親指をグーパーすると、どんぴしゃな痛みに行き着いた。筋肉痛な気もする。
ともかく、無理せずいたわろ。

淀川ハーフや3月を振り返りながら、2018年度をとりあえず納めたことを褒め称える。

2018年度のお仕事をなんとか終わった感じにしました。(終わっているとは言っていない)なんとかなるもんですね。
よくやった、私。
ちょっと前から胃と口の中がずっとなにをしても気持ち悪いんだけど、仕事が落ち着いたらきっと治るでしょう。きっと。…たぶん。続くようならお医者にいかないとな。

淀川国際ハーフの振り返り

このピンクのシューズも履きすぎで踵がすり減ってきたので、これにてお役御免。1年は履きすぎでした。

さて、レース。
10kmの友人のゴールを見届けていたら、準備がギリギリになってしまって、スタート前は長蛇のトイレの列に並ぶはめに。
トイレから出たらスタート時間。ダッシュで最後尾に並んでなんとか間に合う。3時間前くらいから会場におったのに、私は何をしてたんだろうと自己嫌悪。

ネットタイム、2時間7分。
最後尾からだったので、最初は思うように前にすすまなかったけど、今回は凄く気持ちよく走れた。淡々とした淀川沿いをただただ無心になっていた気がする。筋肉痛もそんなに残らなかったし、もちろん故障もしていない。気持ちよく走れて、痛くない、それが一番嬉しい。

【2019年3月24日(日) runlog(淀川国際ハーフマラソン2019)①】

改めてラップタイムをみると、先日の篠山(フル)の前半とあまり違わないことに気付く。ハーフの走り方とフルの走り方はきっと根本的に違うはずなので、後半バテるかも…という心配をあまりせず、ハーフはもっと積極的にスピードアップしても良いのかもしれないと思う。

【2019年3月24日(日) runlog(淀川国際ハーフマラソン2019)②】

この日、初ハーフの同僚が途中棄権となった。途中まではぴったりつけられていたようだったけど(後で聞いた。全然気づいてなかった)、徐々に以前やっていた膝の故障が再発したみたい。
スタートしたらゴールすることが当然と思っていたので、それを疑ったことはなかったけど、もしかすると何も起こっていない今までが奇跡だったのかもしれないと思う。
うむ。私も他人事だと思わず、気を引き締めてちゃんと怪我しないトレーニングとメンテナンスをしてランに挑むことにする。

あまり、振り返りの内容ではないですね。

2019年3月の振り返り

月間121km。目標は達成してるけど、篠山(フル)、淀川国際(ハーフ)の本番が半分なので練習ではそんなに走れていない。レースのあとはリカバリに時間かかかる。仕事がむちゃくちゃ忙しかったのもあるけど、1週間ほどはただただ倦怠感が酷かった。

それでも週2回はジムに通えてる。ジムに通いながら思ったことは、ジムに行くたびに筋肉を疲れさせて帰ってくるので、ずーっと全身が疲労した状態になっている。これは正解なのか?毎日どこかしらが筋肉痛だぞ。

4月の目標

月間100kmはそのままで。
あたたかくなってくるので帰宅ランを復活させたいな。

はてなハイク終了

かつて毎夜入り浸っていたはてなハイクが本日17時に終了しました。一つの時代が終わったみたいで寂しいですなぁ。
本日はハイカーさんが各自かつての時代を、それぞれの場所で惜しんでいるんでしょうね。
h.hatena.ne.jp

最近はほとんど使ってなかったのであれですが、このサービスを通じて色んなひととつながりました。別に誰とも何も約束なんてしてないのに毎夜そこに集まって、しょうもないことを垂れ流したり、お絵かきしたり、大喜利に興じたり、共感したり、言葉を交わしたり交わさなかったり。この村みたいなSNSがあったからこそ、今の私のネット充生活があるんだと思います。
ゆるいつながりが私には心地よかったです。なかにはめんどくさいことも色々ありましたが。笑。

結構楽しかったよ。ハイク。
素敵なサービスをありがとうございました!

( ´-`)。o 0(…まあ、そんなことをぼんやりと)